海より山派

ラフ&ロード 可倒ミラー

山にある電波塔を目指して走った時、川の氾濫でえぐられている場所があり、しかも、道幅が狭くて両サイドが土手というポイント有り。

そこを攻略しようとして、見事にバイクが引っくり返ってしもうたー。

右側は、ミラーの頭がポロっと・・・。

で、結局ハマらず。

ミラーと柄を固定するボルトを緩めたら、雌ねじの方が内側に入り込む始末・・・。

買い替えー。

という事で、山に行くとこは倒せるタイプにしようと思い、色々探してみるも、レビューの中には、「倒れる分緩い」というのが目立ち、どうかなぁと思いつつ辿り着いたのがこちら。

ラフ&ロードのラリー690

とりあえず、これを買うことに決めて、YAMAHA車にミラーを取り付けるには、一個注意が必要という事を知る。

それが、逆ネジであるという事。

確認してみると、このように、逆ネジがアダプターを使って正ネジとして取り付け。

正ネジがアダプターで逆ネジとして取り付け。

ヤマハは、衝突時にミラーが引っ掛かり
ハンドルが持っていかれるのを防ぐために、右側が逆ネジとなっているらしいー。

考えられてますなぁ。

ミラーも買うのが初めてだった為、ラリー690のネジ切り方向が正ネジだけなのかわかりましぇん。

なので、今の状況をウェビックさんに質問してみると、「片方は使用中の正ネジ→逆ネジのアダプタが使える」との事。

「もう片方は、正ネジ→正ネジのアダプタが必要」という事なので、ラリー690、ヤマハ用のミラーアダプタも一緒に購入。

部位左側右側
ミラー(雄ネジ)逆ネジ正ネジ
アダプター雌ネジ逆ネジ正ネジ
アダプター雄ネジ正ネジ逆ネジ
ハンドル(雌ネジ)正ネジ逆ネジ

というような関係で取り付く。

で、ラリー690をはじめとする市販ミラーは正ネジだから、「正ネジ逆ネジアダプタは流用できる」事になるらしい。

つまり、必要なのは、「正ネジ→正ネジアダプター」

なので、一点買いする場合は要注意です。

僕は、普通にヤマハ用のセットのアダプターを購入。

黙って、ラフ&ロードさんの言われた通りにしておけば、こんな事に混乱する必要もなかったのに。

疑ってすいませんでしたー。笑

取り付け

左右並べるとこんな感じ。

コンパクトにパッケージする為、届く時は、ミラーの向きが反転する。

ミラー自体のサイズは、純正と同じ。

で、ヤマハ車用のアダプターがコレ。

ミラーアダプター タイプA

元々のアダプターより雄ネジの長さが5mm程短い。

右(逆ネジ側)を取り付け。

一瞬、上手くハマらなかったので焦った。

逆に回していただけ。笑

ミラーは、どちらも正ネジなのでそのまま取り付け。

大体はめ込んだら、ミラーの柄の部分が元々はかなりガチガチだから、真ん中のナットを緩めて調整し、上側のボルトと接するように締める。

これで、ミラーの動かし加減を調整する事が可能。

微調整が中々難しい・・・。

取り付いた。

たたんでみた。

ミッキーマウスの耳を模したカチューシャみたいww
ミラー裏のネジは普通に締め付けてあるから、内側に倒しこんだだけの状態でこうなる。

これで山でコケてもミラーが無くなる心配も消えた。

めでたしめでたし。