海より山派

作業09「床の骨組み」

バイク用のガレージと言っても、床を付けたいと考えていた為、骨組みを試しに取り付けてみた。

このパイプは、元々家に置いてあった数十年来の一品で
今のパイプと比べて重くて硬い。

しかも雨ざらしだった割りにそこまで錆びてない。

若干、錆びているのも有ったけど、土台に用いるのに調度良かった。

家にある無駄な資材の再利用にも貢献。

リユースリデュースリサイクル♪
札幌方面の人なら知っている。

何本かは150cm位に切りそろえて有った為、長いパイプも同じように切り揃える。

もう一つ、残しておいた土台を設置して
そこにパイプを固定して、大体、こんな感じ。

クランプは、残り材料の関係でひとまず自在クランプを使用してみた。

この自在クランプは、そんなに必要無いのに、なぜか大量買いして処分に困った。笑

ちょっとグラグラするので、これを針金での固定に変更するのと同時に、もう一本、アンテナの支柱として使用されていた
3m以上のパイプが有ったので、それを切って使用する事に変更。

結局、クランプだとグラグラするのでやり直し。

最終的には、番線での固定に変わりこんな形。

>>作業10「コンクリートの流し込み」へ