海より山派

作業01「まずは模型でイメージ」

設計図らしきものを元にして、縮尺を意識しながら、ストローで骨組みを作成。

このストローは、単管パイプ代わり。

屋根も付けてみよう。

この作業を実際にやってみると、結構色々と気づける事がある。

まず、ストローだとすぐ傾くという事。笑
特に、両面テープでくっつけようとすると、すぐに崩壊するのでセロテープが無難。

冗談はさておき、図面では、把握しにくいパイプの交差部分。

どのパイプの高さを合わせるべきか、筋交いは設けるべきかなど、考えることができたので良かった。

それにしても、ガレージのサイズの割に角が多いので、パイプの本数が増えそう・・・。

できるだけ販売されている規定のサイズで作ろうと思ったものの、「まず無理だな・・・」とすぐに判断できたので、ハイエースで運べるぎりぎりサイズの2.5mに限定して
後は、機械で切る方法へと変更。

丁度良く、母方の祖父の工具の中に、RYOBIのパイプ切断機が有ったので、近所迷惑は覚悟の上でガンガン切りまくろう。

天に向かって「おじいちゃん、ありがとう。」
という事で、パイプ資材の問題は解決。

>>作業02「資材調達」へ