海より山派

デリカD:5冬道の走行性能は?

今までは、VitzRSというコンパクトカー。

FFながら、一応、デフ(LSD)のお陰で何とか走れました。

一回だけ、ガードレールに軽くガツン・・・。

駐車場で何度かカメになりました・・・。

そこから、1tアップの重量級サイズのデリカD:5。

重い分、滑り出したら止まらない。

冬道での走行性能こそデリカD:5の本領のようだけど、実際にはどうなんでしょう?

不安は拭い去れません。
念のため、YoutubeやブログなどでD5の情報を探してみるも、これと言って運転操作の注意点など見つけられず。

有ったとすれば、三菱によるスタックからの脱出方法程度。。。

という事で実際に冬道走行で感じた事をレビューしてみます。

  • 圧雪での走行性能は?
  • アイスバーンでの走行性能は?
  • 深雪での走行性能は?

※尚、意識している運転方法も記載していますが、参考にして万が一事故っても自己責任となります。

■圧雪での走行性能は?

スタッドレスへ履き替えてから
冬道数回目の運転で中山峠(北海道)を走行。

ルスツ方面から定山渓方面へ抜けました。

気温は、氷点下5℃前後。

雪も降り続いていたので圧雪バーンです。

これと言って滑ることなく無事に下山。

下りは、パドルシフト(エンブレ)を多用。
また、前方の車との距離も多めに取りました。

重い分、前の車がブレーキ踏んでなくても
自然と距離が縮まっていくので。。。

運転中は、4WDモード。
「滑りそうな時はLOCKを多用している」という情報を散見。

しかし、それ程違いは感じなかった。

急な登りでは、リア駆動を強くする分効果有りそうだけど、下りに関しては、そんなに違いが無いような・・・。

■アイスバーンでの走行性能は?

定山渓の温泉街を過ぎる時にアイスバーンでは、一瞬ヒヤリ。

横に川の流れる道はやはり凍りやすく、軽いカーブで一瞬ツルっとシーズン初すべり。

こういう時、焦ってハンドルを逆に切るとアウトなので、ハンドル保持のまま、軽くアクセルを当てて立て直し。

リカバリが早いのは、ASCのお陰でしょうか。。。

また、急激に踏み込むのも危険なので、アクセルは数回に分けて路面の反応を見ながらがベスト。

ポンピングブレーキならぬポンピングアクセル?

D5の標準機能で滑ってるタイヤにロックをかけて、駆動を調整する機能があるからアクセル踏みっぱなしでも
左右にブレル事は少ないようですけど、まあ、D5を過信しすぎない事も大切かと思いました。

■深雪での走行性能は?

札幌国際スキー場まで登り、そのまま駐車場の除雪されていない所に突っ込みを実施。

普通の4WDモードでも全然スタック無し。

VitzRSでは完全にアウトな深さ。

帰ろうとしたプリウスはカメになってました。
このサイズのミニバンに18インチを標準にしている事。

また、結果的にインチダウンしなかった事も大きいような。

でも、ハンドルを切りながらアクセル踏んでも、全然動かなくなる事も有りました・・・。

滞在先の駐車場での事です。

スリップ同様、停車状態からだと
前後輪のタイヤを同じ方向へ進ませないと、車の性能に関わらず、スタック必至です。

小樽市内で走っている時、路面が氷でその上に雪が積もっているような状態で、軽いカーブでタクシーはおしりフリフリ。

D5でもなるかなと思って、カーブに入ってから少し強めにハンドルを切ってみたら、全然、進行方向へ走ってくれました。

■ボコボコ氷路面での乗り心地は?

なぜか小樽市内は、ボコボコした氷の路面が多く有ります。

D5は、剛性が高い分、突き上げる衝撃がかなり有り乗り心地は悪いです。

タイヤへの影響もやや心配。

何より車への影響が心配になるけど、こればっかりは、車に乗る以上どうしようもできません・・・。

■考察

オフロード性能が高い分、ハンドルが取られるような深めの雪でも安定してくれる。

アイスバーンでは、タイヤの性能の限界上、普通に滑る。

でも急な登りなどの駆動に関しては、電子制御によって安定してくれる印象。

下りは、パドルシフトでエンブレを活用すれば、MT車に近い制動が可能。

ただし、一旦停止しないとMTモードは解除されないので、忘れてアクセルを踏み続けると高回転になる事がある。

冬道最強は、軽トラだと思いますが、荷物も沢山積めて冬道にも強い乗用車となると、確かな実力のある車だと感じました。

ただし、冬道は低速基本の安全運転での話です。